バンケツ12

東京ゲームショウ2015のDMMブースのニコニコ生放送にて発表された、「一血卍傑ONLINE」の情報まとめ。
神代八傑の最後のキャラは忍者。 





 ニコニコ生放送で放送された情報まとめ

■ 登壇者

Rejet岩崎社長
増田俊樹(ヤマトタケル役)赤いチェックのネルシャツにデニム
東城日沙子(アマテラス役)白いセーターに赤いフリルスカート
佐々木恵梨(ゲスト出演、主題歌「一縷の望み」を生歌唱)赤のワンピース

バンケツ14



■ タイトルの由来

英傑の血が万(卍)に渡って受け注がれていくという意味。

何世代か(3世代くらいを想定しているらしい)に血を引き継いでいく。
一番上の親の世代がヤマトタケルやアマテラスの「神代八傑」となり、彼らが子孫を作ることによって自分のユニットを増やしていく。


バンケツ11


■ 制作の経緯

「かんぱにガールズ」を制作したDMMオーバーライドの梨木勇介社長と一緒に新しいDMMゲームを開発すべく企画された。

■ キャラクターに関して

どうやらキャラには職業がついているようです。

ヤマトタケルは八百(やおろず)界を引っ張っていく役割で職業は剣士とのこと。
アマテラスの職業は巫蠱?いわゆる巫女さんで、ヒーラー的ポジションとのこと。

スサノヲは神様で、牛若丸は英雄という役割を担っている。

これらの神代八傑がお互いにこどもを作ることによってユニットが増えていく。
こどもにも両親の職業のどちらかが引き継がれていくような流れで多種多様のこどもの組み合わせが考えられる。

管理人はこれがキャラクターの種類としてまさに今構想が練られているのではと想像している。

ちなみにストーリーが展開されていくとキャラクターの声の掛け合いによって日本神話にまつわる噂話などが聞けるとのこと。

■ シルエットキャラに関して

神代八傑のラストが登場
シルエットキャラクター(非公開)の武器は手裏剣で忍者とのこと。
誰もが知っているキャラとのことなのでだいぶ絞られてくるが、管理人の予想だと服部半蔵。
そのこどもに百地三太夫や石川五右衛門、風魔小太郎などが考えられる(管理人の予想)。

バンケツ12

■ 主題歌に関して

「一縷の望み」(Vo.佐々木恵梨)
最後の望みという意味。
歌詞を見てもらえれば意味がなんとなくわかると思うとのこと(岩崎さん談)。
作曲はシュタインズゲートを企画原案した志倉千代丸さん
作詞はRejetの岩崎社長
佐々木恵梨さんは2015春アニメの「プラスティック・メモリーズ」のOPソング「Ring of Fortune」で透き通った歌声が印象的な歌手。


佐々木恵梨さんの生歌唱(4分くらい?)
ちょっと緊張して最初の音がうまく聞き取れなかったようだったが安定した歌唱力があった。

バンケツ13


■ 登壇者の感想

最後に生演奏の感想や今後のこのゲームに関する意気込みなどが語られた。

岩崎社長
まだまだ開発を始めたばかりなのでRejetの世界観などしっかり作り込んでいきたいと思う。
来年の春を目標に、ただキャラが膨大でこどもが多すぎる。
また次発表できるタイミングで情報を公開していこうと思っている。

増田俊樹さん
こどもを作ると聞いて某整体師を想像したが(ビッグダディ?)、独特の世界観に引き込めるように頑張ります。

東城日沙子さん
神様でありつつ人間味のあるようなキャラを演じていきたい。
みなさんと一緒にこのゲームを盛り上げていきたい。


以上箇条書きでしたがレポートでした

情報の参照元
2015年9月19日 13時~13時30分までの東京ゲームショウのDMMブースのニコニコ生放送