03 PM


一血卍傑-ONLINE-(イッチバンケツ、バンケツ)のプレイ初心者がまずやるべきことまとめ
チュートリアル突破した独神が何をするかのまとめ。 

あくまで個人の意見なので、反論等ございましたらお気軽にお申し付けください。
6章12話まで突破してみて、今0から一血卍傑を始めるならこうするって考え方をまとめました。





 1、はじめに:一血卍傑-ONLINE-とは何をするゲームなのか


ゲームの分類:RPG

全てチュートリアルで説明されるが、基本的に「一血卍傑-ONLINE-」はストーリー重視のキャラゲーRPGである。英傑(キャラ)を収集し育成、そのキャラに秘められたゲーム内エピソードを咀嚼して楽しむゲーム。

1、メインストーリーを楽しむ

  • DMMのブラウザゲームの中でも最大のボリューム感を感じさせるストーリーの物量
  • コンシューマゲーム並のテキスト量なんじゃねこれ
38 PM

2、英傑を集めてストーリーを開放させる

  • プレイヤーは、お気に入りの英傑達と好感度を上げることができる
  • それによりストーリー「英傑伝承」が開放され、そのキャラの新たな一面を垣間見ることが出来る
CqTPMv_UMAAoLuU

3.英傑同士を組ませることにより発生する特殊イベントを楽しむ

  • 手に入れた英傑同士の間にも好感度(卍傑度)が存在する
  • 元ネタ的にも縁あるキャラ同士の組み合わせにより発生するイベント「卍傑伝承(ばんけつでんしょう)」等で、キャラの理解が深まる
16 PM


4,戦闘とレベル上げを楽しむ

  • 戦闘システムはコンシューマゲーム並に力が入っている(ただしPCに相応のスペックが要求される)
  • キャラを強くするシステムも多彩でやりこみ度が非常に高い
no title

と言う様に、戦闘でレベルを上げてメインストーリーを進行させながら、キャラを沢山集めるゲームである。


 2,チュートリアルの小ネタ 

■ チュートリアル内での一血卍傑(1回目)では「タケミカヅチ」が固定 

チュートリアルではゲーム内システム鶺鴒台で行う「一血卍傑」の説明がされる。一血卍傑は他のソシャゲで言うところのガチャに近い要素で、基本的には一血卍傑を行うことによりランダムでキャラを入手できる。

しかしチュートリアル中に行う最初の1回目の一血卍傑で出現するキャラは固定である。チュートリアルで行う1回目の一血卍傑はどの組み合わせでも「タケミカヅチ」で固定。

※この時、親の種族は神と神を選んでおくと後々楽。

■ チュートリアル内での一血卍傑(2回め)ではレア英傑が固定

チュートリアル内では2回「一血卍傑」をすることができるが、2回目の一血卍傑では比較的レア度の高い英傑が誕生する。

  • アシヤドウマン
  • アマクサシロウ
  • イバラキドウジ
  • オモイカネ
  • カグヤヒメ
  • ククリヒメ
  • チョクボロン
  • ナリヒラ
  • ネンアミジオン
  • ハンニャ
  • ヤマビコ
のグループからランダムで1体誕生。 アプリ版開始勢がもしここである程度こだわりたいのであれば、「アマクサシロウ」かなと思います。

※アマクサシロウ(人/星詠み)は比較的高ステータスのレア英傑。Lv15から全体攻撃を打てるので使いやすい。
36


■ チュートリアル中に入手する「テッソ」「クウヤ」について

27 PM

チュートリアルでは、合計4体の英傑を入手できる。その内の2体、カアくんの古い知人とのことである「テッソ」「クウヤ」は基本的にロックで保管すべき。初期のステージを突破する戦力としての他にも貴重な要素がある。

・「クウヤ」は回復奥義を取得可能な「巫覡」の他、レア刻印を持っている。以下の虹色の刻印。また、クウヤは同じランクのレア度の英傑の中でも、比較的ステータスが高い。
47 PM


・「テッソ」はLv15で全体攻撃を取得可能な星詠みの他、桜代ではあり得ない「妖✕妖=妖」の組み合わせで誕生している為、この世代では貴重な秘術を所持していることになる。この組み合わせの秘術は「戦闘不能になったキャラ全員のHPを回復する」というもの。

40 PM
※神代の種族の「妖」はシュテンドウジしかいない為に、親が2人「妖」になるのはあり得ないからだ。


 3,チュートリアル突破後にやること

■ まずはストーリー1部1章をとにかく突破

ストーリー1部1章を突破しないと各種機能が開放されない。1章を突破するまでが実質チュートリアルと思って良い。ちなみに属性の相性的に、武器は2章後半までは初期装備で問題ない。
  • 1章5話クリアで花廊 開放
  • 1章8話クリアで錬金 開放
  • 1章15話クリアで遠征が開放
23 PM

■ 英傑を20体ほど揃える

遠征等を円滑に進める為、錬金堂や花廊に英傑を配置等、機能をフル活用する為に英傑はレア度問わずまずは20体くらいは欲しい。

ストーリー1部1章をさっさと突破することで貯まる御統珠(みすまる)を1万ほど使用し、連続10回ほど金灯明使用の一血卍傑(神代の鶺鴒台)をすると良い。

金灯明使用後の制限時間は15分なので、一気に行うべき。

img01


■ 序盤の英傑育成方針

ある程度ゲームを進めて、色々な英傑が手元に揃ったら育成するべき兵種を固めるべき。

・前衛専門職(剣士、鬼人、侍)
・後衛専門職(巫覡、星詠み)

をまずは優先的に育成すべき。

それ以外の兵種「天将、忍、楽士」は、強い武器や奥義が揃わない序盤では強さを感じにくい為に後回しで良い。

初期段階は攻撃性能の高い前衛専門職「剣士、鬼人、侍」で敵を殴り

後衛専門職「星詠み」の全体攻撃で敵部隊に与えるダメージを底上げし

後衛専門職「巫覡」が味方を回復するという基本ローテーションで進行させた方が効率よいと考えております。(あくまで管理人の意見です。)

忍は前衛職を初期段階で引けなかった時に育成すべき。
忍は武器が強くない内は攻撃力が低く物足りなさを感じる(レア除く)

その為、メインストーリーを5章くらいまで突破し、部隊の平均レベルが40くらいになってからの育成でも良いと考えました。

▼兵種ごとの役割の基本
剣士(けんし)・前衛
・腕力・守備・体力が高い
・オーソドックスな前衛職
・基本的な役割は敵の前衛の撃破
・前衛職の中で防御力が一番高い 
鬼人(きじん)・前衛
・腕力・体力(HP)が高い
・基本的な役割は敵の前衛の撃破
・ 前衛職の中でHPが特に高いが防御が弱い
侍 (サムライ)・前衛
・腕力・退魔・俊敏・幸運の値が高い
・基本的な役割は敵の前衛の撃破
・前衛職の中では先制攻撃をしやすく会心が出やすい
楽士(ガクシ)・後衛
・役割は味方のステータス向上
・魔力・退魔・幸運の値が高い 
天将(テンショウ)・前後衛
・役割は敵に状態異常攻撃を発生させる
・HPと防御が高い
忍(シノビ)・前後衛
・魔術、物理、共にイケる両刀使い
・俊敏・幸運が高く先制攻撃がしやすい兵種
・役割は先制で敵の頭数を1体減らす
巫覡(フゲキ)・後衛
・唯一の回復役なので、戦力が整うまでは1部隊1人は欲しい兵種
・魔力・退魔が高い
・役割は回復
星詠み(ホシヨミ)・後衛
・魔力・退魔が高い
・Lvの低い内から全体攻撃を覚えるキャラが多い
・魔力のステータスが上がりやすい
・役割は与ダメージの底上げ


■ 戦術所のレベルを上げる

チュートリアルでも説明があるが、戦術所のレベルを上げると新しい「戦術」を入手できる。

まずは「体力の引い敵から狙え」を開放し、味方の攻撃を1体の敵へ集中させたい。
確実に敵の頭数を減らす戦術が有効。

その他
・回復行動を使う相手から狙え
・体力の高い相手から狙え
・範囲攻撃を行う相手を狙え
・後衛攻撃を行う相手を狙え

等が使える

戦術の変更は「編成」<「部隊変更」<「戦術変更」のコマンドから変更できる。

14 PM

■ 部隊を4部隊開放

これも戦術所で開放できる。御統珠を使用する事になるが、部隊は迷わず4部隊開放すると良い。
遠征をする際に重要である。

課金する人は英傑の最大所持枠も開放したほうが良い。

■ 一血卍傑をする際には、序盤では秘術を意識する

序盤から終盤まで、秘術はとても重要である。どの種族の親から生まれた種族なのかにより秘術は異なる為、鶺鴒台での種族の組み合わせは重要である。

特に回復系の秘術を持っていることが攻略の難易度に大きく左右する。


序盤では、鶺鴒台で1日1回一血卍傑させる時は親の種族を意識しておくべき。まずは神代の鶺鴒台で親「神✕神」=子「神」により発生する秘術を狙うべき。

神術回復
※上画像のスキルは味方全体のHPを全回復させるためにとても汎用性が高い

秘術についての詳細記事
⇒ 使える「秘術」は? 

■ 任務をこなして卍材と貨幣を貯める

DMMゲーで重要度が高いおなじみの「任務」は、基本的には全部こなすべき。特に初期段階はゲーム内通貨の「界貨」が不足になりやすい。遠征等で必ず使う為、任務をこなして貯めておこう。

花廊でできた花は特に推しキャラがいない時はイベントまで貯めておこう。

15 PM

※任務の受け取り期限は達成日の23時59分までなので要注意
達成したらすぐに回収すべき。

 4,中期目標

3章くらいまで進めたら目指す目標。

■ より強い武器を作る

3章付近から初期装備じゃきつくなってくる頃合いなので、新しい装備が欲しい所。
初期装備以外の武器を作る為の方法は主に2種類ある。
  1. 錬金堂のレベルを上げて製法書を入手する
  2. 戦闘で極稀にドロップする製法書を狙う
とりあえずは各属性の装備品を整えるべく錬金堂のLv上げをすると良い。

戦闘で極稀にドロップする製法書はレベリングがてら紫珠を使って狙うと良い。「黒い宝箱」が落ちたらそれは製法書であるが、滅多に落ちない。

体感30回紫玉2個使って戦って1回落ちれば良い程度の頻度なので根気が必要。

⇒現在はドロップ率が改善がされ、多少良くなった。

スクリーンショット_2016-08-28_9_45_20_PM

※ドロップする製法書はステージ選択画面の「取得物」で確認できる。


また、戦闘で入手することのある「金和炭」はレベリングをしていく内につれて貯まるので、迷わず使うべき。レベリングをしていればいつの間にか50個とか入手している事が多い。

※現在は戦闘において入手不可能になった

23 PM

※このアイテムの存在は気づきにくいが、「道具」の項目から使用できる。
BlogPaint


■ レベリングの効率を上げるべく4章まで進める

4章中盤まで来ると1戦闘時における経験値が400近く取得できる為、レベリングの効率が上がる。特に4章7話は敵の数が少ないために、レベリングマップとして知られている。(通称:わかめ)

25 PM
※どの章も敵の属性をしっかりと把握し、こちら側が敵の属性の弱点となる武器を装備していれば、レア度の低い英傑でもクリア可能である。4章突破の目安はレベル35付近と適正属性の装備。

逆にレア度の高い英傑は5章前半まで、レベリングさえしていれば初期装備でゴリ押しできてしまう。

■ 遠征の攻略を始める

4章付近まで進むと戦力もそれなりに揃っている頃。デイリー任務をこなす以外にも、遠征攻略を始めても良い頃合いだ。

遠征では資材の他英傑を入手する事もある為、とりあえずこなせそうな遠征は毎日やっておくべきだ。

■ 曜日クエスト中級の周回

曜日クエスト中級を周回しておきたい。
英傑はLv50になると経験値取得が一時停止され、「陰陽転身」を行わない限りLv51以上にはならない。

陰陽転身時に必要なアイテムは曜日クエストでのみ入手が可能である。まずはこなせそうな難易度の曜日クエストから周回する習慣を付けておきたい。

■ 奥義レベルを上げる

鶺鴒台で同じ英傑がダブった時などは、奥義レベルを上げる事にその英傑を使おう。
同じ兵種同士で「輪廻」をさせる事により、奥義レベルが向上する。

例、剣士のタケミカヅチに同じ兵種剣士の「カマイタチ」を合成させると、タケミカヅチの何かしらの奥義のレベルが上がる可能性があがる。確率は100%ではない。
輪廻1
▲輪廻は、「本殿のトップ」⇒「英傑」を選択⇒「英傑詳細」を選択⇒「輪廻」を選択で実行できる


 5,後期目標

後期目標
5章を開放してから目指す項目

■ 全ステージ突破

現在実装されているメインステージの攻略を進めよう。
現時点ではメインステージは1週間に1度、3話ずつ解放されている。
物語も面白いので楽しみましょう。

■ 英傑のレベルを50まで育成し、陰陽転身をする

5章後半から敵の強さが段違いになる為、レベリングは充分にこなしておきたい。
もしレベリングを充分に出来るのであれば、この辺りで英傑を陰陽転身させても良い頃合いだ。

・陽転身 ⇒ 防御性能が高くなる傾向がある
・陰転身 ⇒ 攻撃性能が高くなる傾向がある



no title

※陰陽転身について
⇒ 一血卍傑「陰陽転身」のやり方 

■ 曜日クエスト上級の周回

5章まで開放したのならば曜日クエスト上級を周回出来る頃合い、装備も充実していれば楽に周回できる。6章突破までに誰かしら転身したい時の為に兎の香炉は黒と白、共に最低20個ずつ欲しい。

06 PM


 6,好きなタイミングでやれば良いこと

  1. 英傑との好感度を上げて「英傑伝承」を開放させる
  2. 「卍傑伝承」の開放の為に、卍傑度を上げる
特に推しキャラ等がいない場合は、この辺のキャラ深掘り要素は好きなタイミングで行えば良いと思う。
 
■ 一血卍傑「贈物」のまとめ
⇒ 一血卍傑の「贈物」まとめ予定地 花の好みは兵種ごとに区分されている

■ 卍傑伝承、組み合わせ一覧
⇒ 「卍傑伝承」組み合わせまとめ・一覧


 その他、初心者が知るべき諸々の要素

■英傑について

  1. レア度の見分け方
  2. レベルが上がりやすい英傑、ステータスが上がりやすい英傑がいる
1,レア度の見分け方
英傑のレア度はキャラのアイコンの背景で確認する。
キャラのアイコンは編成画面等で確認出来る。

▼銀背景(レア度は通常、最も入手しやすいグループ)
43 PM

▼金背景(レア度は中、運がよいと入手)
17 PM


▼ 虹背景(最高レア、管理人は170回一血卍傑させてやっと1人入手)
八傑

更に金背景の中に、出にくい英傑と出やすい英傑がいる事から、レア度は4段階あると考えられる。

レア1…銀背景の英傑
レア2…金背景の中でも出やすい英傑
レア3…金背景の中でも出にくい&特に強い英傑
レア4…虹背景、現在八傑のみ

レア度に関して詳細
⇒ 一血卍傑「レア度」判別方法


2,英傑は成長速度が異なる

英傑はそれぞれ成長の速度が異なる。
Lv50まで到達するまでに要する経験値が異なる。
  • Lv50までに、約15万の経験値を要する英傑
  • 約12万5000の経験値を要する英傑
  • 約10万の経験値を要する英傑
と言う様に3種類の成長タイプを確認している。銀背景の英傑はもっと早くLv50まで到達する英傑がいるかもしれない(まだ銀背景の英傑は育成できてない)

成長の速さによるステータスの傾向が存在する
テッソ、ジュロウLv30

早くLv50まで到達する英傑はステータスが低い。逆に、Lv50まで到達するまでの経験値が多い英傑は転身前でもステータスが高い傾向にあり、序盤の戦力の中核となりやすい。

Lv50以降の陰陽転身後のステータスの伸びは、早熟型、晩成型、どちらが伸びるのかはまだ検証不足である。もしかしたらLv50までのステータス伸びは悪くても、転身後のステータスの伸びが良くて最終的に晩成型よりもステータスが高くなる早熟型がいてもおかしくはない。




スマホ版がリリースされたので、色々追記します。